top of page

​成り立ち・コンセプト

庄公民館での系譜

​発足

空手という武道・武術を通した健康増進と

その文化へ触れてみたいという文化振興への思い、
 でも、やっぱりパンチや蹴りは怖いな…という

市内在住の空手に興味のあるメンバーが集まり、
 2022年4月に会として7名で発足しました。

​代表・講師

 代表は会員が務め、フルコンタクト空手の有段者を講師として招聘し、

「空手 押し(推し)」の会と称して活動しています。

公民館が主催する講座グループではありませんが、

公民館の運営方針に基づき、

地域に根差す非営利の団体として活動しています。

講師に対する謝礼や会員内での運営会費以外の

金銭授受等は一切発生しません。

ケガ故障なく元気に活動し帰路につくことが

会員・講師ともに「礼」であるをモットーに

活動しています。

​参加の要件

公民館利用と同じく市内在住、市内在勤、

市内在学の方です。

公民館使用料、消耗品(ミット類)、ケガ故障時の保険料など活動維持のため、会費制で運営しています。


道着代、段級位の登録料、試合出場料等は、

希望する会員の個人負担(任意)で行っています。


道着なし(スポーツウエアなど可)、段級位の登録なしなど、健康目的だけでの参加も可能です。

会員17名/定員20名(2024年1月)

bottom of page